おはようございます。

メンタル・ライフコーチ大津真美です。

今日もメールを開いてくださりありがとうございます。

 

以前、ハワイ島でリトリートを開催したことがあるのですが、

参加してくださった、メンバーさんから、

「お母さんにありがとうのメールを送ってみた」とのフィードバックを

いただいたことがありました。

お母さんとの確執がテーマとなったリトリートだったので、

それを聞いて

すごく、すごく、すごく嬉しかったことを覚えています。

 

その方は、メルマガを見て、行動してくださったとのことで、

それにすごく感動したのですが、

それ以上に、「ありがとう」が言えるってことがすごくすごく大きくて、

もちろん、いろんなお母さんや、お父さんがいるから、

絶対言いたくない!!っていう思いもあるかもしれないのですが、

いろんな「しがらみ」や過去の満たされなかった思いや傷ついた言葉や、

そういうのをひっくるめた上で、発せられた思いだと思うので、

それが、嬉しかったんです。

 

親とのことは、セッションを受けて頂くと必ずと言っていいほど出てきます。

時には、心が凍りつくほどのことをされていたり、

親がいません。という方もいらっしゃいました。

 

憎んでいたり、嫌いだったり、いろんな気持ちがあると思うので、

ありがとうが言えることがよくて、言えないとダメだ。とかじゃなくて、

ただ、恨みや憎しみや、嫌いっていう気持ちも、

実は「愛」の形だったりするよ。っていうことに気がつくと、

形は違えど、同じ「愛」を親に対してもっているじゃん。

って自分を認めてあげられるんじゃないかなと。

 

それを認めてしまえば、すごく楽になるんじゃないかなと。思うのです。

そして、実はそこから、自分自身への愛も戻ってきます。

これ、本当にすごいです。

 

6ヶ月のセッションで、そのことに気づいた方が、

皆さんすごく楽になられて、

幸せになることを自分自身に許可することができて、

さらには、今ある幸せも愛もちゃんと受け取れるようになったのです。

いろんな自分を認めて、受け入れてあげられるようになったのです。

許してあげられるようになったんです。

もちろん、個人差はありますが、

自分の中の「愛」に気づくと、そこが源なので、そこから愛が溢れてきます。

 

って、それを目の当たりにして、私は、

「そっか、そういうことか。」って、

クライアントさんに教えていただいたんです。

 

まずは、

憎しみや大嫌い!!も「愛」なんだ。って、

だから、憎しみ、恨んでいる自分でもいいんだよ。って、

自分で自分に、言ってあげるところから。

 

で、できれば、人に伝えるのは、

憎しみや恨みの方じゃなくて、「愛」のほうを。

「愛してるからこそ、憎いんじゃ〜〜〜〜!!!!」って、

言えたら、きっとスッキリすると思います。

 

そう言えば、私も旦那さんと喧嘩した時に、

「生まれ変わっても、一緒になりたいって思っとるとに、なんでそんなことするんじゃ〜〜〜!」

っと、泣き喚いて、物を投げたことがありました・・・。

ああ、それも10年以上も前の話です。

今じゃ、素直に、いいますよ。

 

「生まれ変わっても一緒になろうね〜」と。

「いやばい。」って、言われますけど(汗)

 

憎しみ、恨み、怒り、の奥には、満たされなかった願望が眠っていて、

その願望を紐解いていくと、

自分が何に、怒っていて、何を恨んでいるのかがはっきりします。

そして、じゃあ、なんで怒ってるの? って突き詰めていうくと、

きっと、あなたの中の「愛」にたどり着けると思います。

 

だけどこのテーマかなり深いので、

6ヶ月のセッションでしか触れていません。

だいたい、みなさん、3ヶ月目か4ヶ月目に自分の中の「愛」に気づいて、

それから、少しずつ、自分自身への愛を取り戻していきます。

 

自分の本当の人生を生きる時に、

この自分自身への愛というのが、

すご〜〜〜〜〜〜〜〜く重要なんですよね。

自信やセルフイメージや自分軸とも深く関わりますから。

 

ここが揺るぎないものでないと、

どんなにお金があっても、いつも不安だし、孤独だったりします。

どんなに夢が叶っても、幸せを感じるのは一瞬で、満たされなかったりします。

どんなに時間があっても、落ち着かず、ゆっくりできず、

常に予定を入れて、忙しくしていないといけなかったりします。

 

是非是非、自分の中の愛を見つけて見てください。

形を変えてる「愛」にも気づいてあげてください♪

 

1人では、難しそうだな、という方は、

6ヶ月プログラムを受けて見てくださいね。

 

6ヶ月プログラムは、こちら♪