今よりちょっとだけでも、自信をつけた方がいい3つの理由

こんにちは。

メンタル・ライフコーチ 大津真美です。

 

今、私は、自分の人生を生きたいけれど、自信がない・・・というかたへ

ちょっとの自信をつけていただくために、コーチングをさせていただいております。

 

自信満々でなくてもいい、揺るぎない自信もいらない。

ただ、ほんのちょっと、今よりも自分を信じてあげられたら

人生はどんどん良くなるから、私は、この仕事をしています。

 

今日は、今よりちょっとだけでも、自信をつけた方がいい3つの理由をお話ししたいと思います。

 

理由その1:自信がないと人の目ばかりを気にして、自分らしく生きられないから。

 

人は、自信がないと、周りというか、

世間一般的な「普通」「常識」「みんなと一緒」であることで、安心しようします。

ですから、世間一般や社会の価値観に合わせて生きていたり、

周りの期待に応えることに一生懸命になったり、

周りの人より目立たないように、抜きに出ないように、気をつけます。

 

やりたいことがあっても、目立っちゃいけないので、控えめに隠れてやったり、

周りの人に変に思われるかも・・・とやりたいことができなかったりします。

 

一番の問題は、本当はできるのに周りの評価を気にして、やらなかったり、

本当は得意なのに、周りと足並みを揃えるために、手加減したり出し惜しみしたり、

とにかく目立たないように自分を殺して生きることです。

 

そうするうちに、本当は、素敵なところも、才能も、たくさん持っているのに、

自分なんてそんな力ない!って信じ込んでしまったり、

やりたいことをかき消しているうちに、

何をやりたいのかわからなくなってしまったり、

人のことばかりが気になって、今度は目立っている人、自分らしく自由に生きている人に嫉妬したり、

イラっときたりしてしまって自己嫌悪に陥ったり・・・。

 

どんどん自分らしさから遠のいてしまうのです。

 

最悪の場合、人間関係に支障をきたしたり、家族関係に支障をきたしたり、

または、心や体を壊したりしてしまいます。

 

これまでは、集団で一つのことを足並み揃えてやっていく時代でしたが、

これからの時代は、一人一人が自分の力を思いっきり発揮して、輝いていく時代です。

きっと、これからの教育も、そういう教育に変わっていくと思います。

 

そんなワクワクする新しい世界で、自分を解放し、

思いっきり自分を表現して自分らしく輝く人生へとシフトするには、ちょっとの自信が必要です。

そうすれば、どんどん自分らしく自分の本当に望む人生を生きることができます。

 

 

理由その2:自信がないと、生まれてくる前に決めてきた人生の目的や使命を果たせないから

 

私たちは、生まれてくる前に、この人生で何を学び何を成して、幸せになるのか、

世界を幸せにするのか、決めて生まれてきたと言われています。

それこそが、私たちの真実の道です。

 

それは、人生に導かれるままに、やりたいことをやったり、

直感に従って行きたいところへ行ったり、会いたい人に会ったり、

浮かんできたヴィジョンを形にしたり、困難に立ち向かったり、

転んでも起き上がったり、失敗から学んだり、

降ってきたアイディアを試してみたり・・・。

 

そうやって、生きている道が、

結局最後は、私たちの使命を果たすことにつながっていたり、

その道が目的そのものになっていたり、

それによってたくさんの人を幸せにしていたり、

自分も幸せになっていたりするのです。

 

でも、自信がないと、未来ばかりを気にして、

うまくいくかどうかばかりを気にして、

また、人の評価ばかりが気になって、

やりたいことをやらなかったり、

直感に従っていきたいところへ行かないから、

必要な出会いに恵まれなかったり、

会いたい人に会いに行かなくて後悔したり、

浮かんできたヴィジョンやアイディアをどうせ私には無理。と却下してしまったりして、

どんどん本来の人生から離れてしまいます。

 

本来の人生から離れれば離れるほど、

私たちは、いろんなことが「うまく行かない」ようになっているようで、

それでより一層、自信をなくしていきます。

 

本当は、本来の道を生きるための、使命を果たすための困難だったり、失敗だったりするのに、

自信がないために、起こったことを自分の非だと思って、自分を責めたり、

どうせ自分なんかにできないと拗ねて、自分を諦めたりして、

さらに自信をなくしてしまいます。

 

でも本当は違うのです。

目の前で起こっていることは、あなたを非難もしていないし、罰してもいません。

それを乗り越えて、受け取ったギフトや学び、引き出した才能を

それからの人生で、思いっきり世界とシェアして、楽しむために起こっていることです。

それによってあなたの幸せとたくさんの人の幸せが約束されているから、起こっているんです。

 

私が今まで、一番悲しく困難な出来事は、母の突然死でした。

それは、これまでにない最悪な出来事でしたが、

私は、この出来事で、

悲しみを学び、人の命の儚さを学び、人の存在の大きさ深さを学び、

生き方を学び、愛しかたを学びました。

 

その困難を乗り越えた時、私は、諦めていた夢に向かって一歩を踏み出していました。

知らなかった才能を使っていました。

 

その出来事は、眠っているあらゆる才能を呼び覚ますために起こっているのです。

それによって、あなたの人生が、どんどん幸せに豊かになっていくから、起こっているのです。

 

決して、できない自分を思い知るため、

弱い自分や過去の自分を罰するために起きているのではありません。

 

今よりも、ちょっとの自信がつけば、

目の前で起こっていることとちゃんと向き合うことができます。

そこからの学びを自分のものにして、乗り越えていくことができます。

それがまた、大きな自信になって、

本来の道へと戻り、使命に生きる人生へと転じていけます。

 

それは、とても楽しくて、ワクワクして、情熱的で、幸せな人生です。

そして、あなただけでなく、周りの人、世界中の人を幸せにすることです。

そこまで広がらなくても、

あなたの大切なパートナーや子どもや家族を幸せにすることなのです。

 

天も世界も、あなたの周りの人も、それを待っています。

自信満々になる必要はありません。揺るぎない自信もいりません。

ただ、ちょっと、今よりもほんのちょっとだけでいいので、

自分を信じてあげられるといいのです。

そのちょっとの自信は、

自分で自分を幸せにしてあげるところから始まります。

 

 

理由その3:自信がないと、時間を無駄遣いしてしまうから。
神様は、明日が来るなんて約束してくれていませんよ。

 

自信がないと、やりたいことをずーーーーーーっと先延ばしにします。

やらなきゃいけないことを優先して、

やりたいことをずっと後回しにしていたり、

老後の楽しみにとって置いたり。

 

でも、その老後、来ないかもしれませんよ。

 

私の母は、何の病気もなく、元気でしたが、

ある日突然、何の前触れもなく死んでしまいました。

朝、父の横で冷たくなっているのを父が発見したのです。

 

この日、母に朝はきませんでした。

 

検死の結果、心不全だったのですが、

全く苦しんだ様子がなく、おそらく眠ったまま、

スーッと逝ってしまったのだろうということでした。

 

眠ったまま、朝が来ないって、あるのでしょうか・・・。

信じられませんでした。

でも、本当にあるのです。

 

隣で、同じ布団、同じベッドに寝ていた父も気づかないほどだったので、

何の苦しみもなく逝ったのだということがせめてもの救いでしたが、

私は、この母の死で、強烈に思い知ったことがあります。

 

それは、

 

「神様は、明日が来るなんて、約束してくれていないんだ」ということ。

 

私の明日も、あなたの明日も、約束なんてされていません。

自信がないからとやりたいことを先延ばしにしていたら、

何にもできずに、気づけば天国。ということにもなりかねないのです。

母の楽しみは、老後、年金で悠々自適に暮らし、

父と一緒にいろんなところへ旅行に行くことでした。

父もそれを楽しみにしていました。

 

60歳で定年した時に、それを楽しんでいたらよかったものを、

母は、65歳までそれを先延ばしにしました。

 

年金支給の時期も関係したのですが、でも、行こうと思えば行けたはずです。

ところが、母は、それを先延ばしにし、

楽しむ前に、62歳で突然逝ってしまったのです。

 

かわいそうなのは、父でした。

残されて一人になった父は、今は元気に暮らしていますが、

以前のように、大好きなドライブに行かなくなりました。

隣に母がいないからです。

娘の私では代わりにならないと言われました。

 

それでも、父と母は、ちょこちょこいろんなところへドライブはしていましたので、

思い出はたくさんあるそうです。

でも、一番一緒にやりたいと思っていたことは、果たせなかったようです。

 

それを見ていて、一人でやりたいことよりも、

大切な人と一緒にやりたいことを優先しようと私は決めました。

 

私は、ずっと夫婦で行きたかった

海外旅行に行く計画を立て、実行しました。

二人で、不妊治療を受けることを決意し、挑戦しました。

大好きだと伝えるようにしました。

 

また、家族や親戚とも

一緒に過ごす時間をできるだけ取るようにして、

たくさんの思い出を作っています。

 

そして、さらに、

私は、自分の人生を振り返ってみました。

私は、明日朝が来なかったとしても、後悔しないだろうか・・・と。

そしたら、思い残すことがたくさんあったのです。

 

それは、一度失敗して、自信をなくし諦めていたけれど、

どうしても諦められないことだったり、

本当は行きたいと思っていたけれど、

お金の心配から行っていなかったり、

ずっと気になっていたけれど、

ダメだった時のショックが怖くて挑戦できないでいることでした。

 

全て、ちょっとの自信があればできることです。

 

今よりもほんのちょっと、自分を信じることができれば、

一歩が踏み出せることだったのです。

 

母の死をきっかけに、私は、心に思い浮かんだこと、

やりたいと思ったことは、必ずやろうと決めました。

 

それからです。人生がさらに加速し始めました。

 

そして、一つ一つ実行して実現していくごとに、

新しい自分の才能を発見したり、楽しみを発見したり、

次の新しいちょっと難しい挑戦を思いついたりして、

またそれに取り組み実現し、それがまた自信になって、

自信が雪だるま式に大きくなり、

人生はどんどんよくなっていったのです。

 

明日、朝が来なくても、あなたは後悔することはありませんか?

 

それは、やりたいことをやるだけでなく、

伝えておきたいことを伝えることかもしれません。

大切な人に想いを伝えることかもしれないし、

大切な人とずっとやりたかったことをやることかもしれないし、

無理だと思って心にしまっておいたことに挑戦することかもしれません。

 

それは、自信満々でなくても、

ちょっと自分を信じてあげられたら、できることではありませんか?

 

時間は、限りがあります。

いつまでも、いつまでも、続くものではありません。

だからこそ、無駄にはできない。

 

もちろん、タイミングや実行するための準備の時間も必要です。

 

でもそれが、やるだけやった。という思いのこもった時間なのか、

もっとやっておけばよかったという思いがこもった時間なのかで、

人生が終わってからの魂の満足度は、大きく違うと思います。

 

今よりもちょっと自信をつけて、

是非、先延ばしにしていたことをやってあげてください。

 

絶対に、人生はどんどんよくなり、楽しくなり、

幸せになり、そして愛に満ち豊かになります。

 

<今よりちょっとだけでも、自信をつけた方がいい3つの理由・まとめ>

自信がないと、人の目ばかりを気にして、自分らしく生きられないから。

自信がないと、生まれてくる前に決めてきた人生の目的や使命を果たせないから。

自信がないと、時間を無駄遣いしてしまうから。神様は、明日が来るなんて約束してくれていませんよ。

[ 今よりちょっとだけでも、自信をつけた方がいい3つの理由 ]セルフラブ,自信2019/06/08 06:52