理由2 自分の幸せが分からないから

 

私たちは、本当の自分がわからないと、本当の幸せもわかりません。自分の幸せが分からないと他人と自分を比べてみて、たくさん持っているかどうか、恵まれているかどうかで幸せ度を測り始めます。

他人と比べて幸せでないと、私たちは、すぐに自分なんてダメだと、自信をどんどん無くしていくのです。

✤あの人は、あんなにいい会社に就職して、私はこんなしょぼい会社だ。

✤みんな結婚しているのに、私はまだ結婚できないどろこか、彼氏もいない。

✤みんな結婚したら子どもができるのに私たちにはできない。

✤あそこは金持ちだけどうちは貧乏。

✤あの人は、何でもできてみんなに慕われるけれど、私は何にもできなくて、人脈もない。

✤あの人は、あんなに成功しているのに、私はこんなに冴えない。

✤ワクワクすることをやれって言うけどワクワクがわからない。

✤大好きなことを仕事にしたくても大好きなことがわからない。

あなたにとっての幸せって、なんですか?

人の幸せばかりを追って、人と自分を比べてばかりいると、自信はどんどんなくなっていきます。

何に幸せを感じ るのか・・・それって、人によって違うのです。

幸せの形も、みんなそれぞれ違います。

例えば、結婚ひとつをとってみても、いつも二人で一緒 にいることが幸せだと言う人もいれば、自由に一人の時間を持てることが幸せな二人の愛の形だと言う人もいます。

結婚するよりも、一生恋愛していたい!と結婚でない幸せを選ぶ人もたくさんいます。

自分を信じるためには、自分にとっての幸せが何か、自分がどんなことに幸せを感じるのか、自分の幸せのタイプを知ることが大切です。

 

→ 理由3へ